PCM研修

PCMとは、プロジェクト・サイクル・マネージメントの略で、プロジェクト・デザイン・マトリックス(PDM)と呼ばれる表を用いてプロジェクトを立案・モニタリング・評価を行う国際協力業界では広く用いられているプロジェクト管理手法です(日本以外の国ではログフレームと呼ばれることが一般的です)。
PCM研修は計画・立案研修とモニタリング・評価研修にわかれており、計画・立案研修ではロジカルシンキング・問題解決手法を取り入れプロジェクトを立案することが目的となっており、モニタリング・評価研修では評価5項目という項目に基づいた評価手法を学びます。グループで、参加型で実施することもPCM研修の大きな特徴です。現在では、PCM手法を基にしたODA評価やアクションプラン策定研修も実施しています。

 

GLMインスティチュートの代表西野は、PCM手法の立ち上げにも関わっており、GLMiではJICAを始め、たくさんのPCM研修を請け負っています。大学でもPCM研修を実施しておりますので、ご興味がございましたら、お問い合わせフォームより是非ご連絡ください。抱負な経験を有する会員・スタッフが担当させて頂きます。

これまでの実績

国際協力機構(東京、筑波、帯広等)、国際協力銀行、土木研究所、国土地理院、建設技術協会、NTT西日本、建築研究所、関西学院大学、名古屋大学大学院等

 

活動プロジェクト GLMiの活動内容についてはこちら。

イベントや支援方法についてはこちら

facebook イベントや現地の様子はこちら。

現地スタッフによるブログ配信中!